バリフ

MENU

バリフの副作用

バリフの副作用

【副作用】バリフの主な副作用として比較的多いのは、ほてりや頭痛などがあげられます。
これらは血管を広げる作用によるものであり、どれも一時的な症状なので数時間すると収まりますので心配する必要はありませんが、念のため服用後、しばらくの間は車の運転などには注意してください。

 

管理人が実際にバリフを服用した感想としては、頭痛や動悸は感じられませんでしたが、ほてりや顔面紅潮などは実感できました。
また風邪薬を服用したときのような、鼻がつまったような感覚もあるかもしれません。どれも服用後、数時間で治ったのでそこまで気になりませんでした。

 

体質によりバリフの服用で効果が強すぎると感じる人は、ピルカッターなどで1錠を半分にカットして服用すると良いでしょう。

バリフの特徴

↓画像をクリックすると公式HPへ飛びます↓

 

バリフは平成16年に日本に登場したED(勃起不全)治療薬レビトラのジェネリック医療品です。
バリフはインドのアジャンタファーマ社(Ajanta Pharma Ltd)による製造で、レビトラと比較すると価格がとても安くなっています。

 

ED(勃起不全)治療薬といえば、バイアグラが有名ですが、バイアグラは高価な点と、食事や飲酒をすると効果が弱まるという欠点がありました。レビトラでは「食事をすると効果が落ちる」というデメリットが改善されているのでバイアグラよりもお勧めできると言えます。

 

しかし、レビトラは日本で入手するには保険が適用されず、1錠あたりの価格が高額になってしまうのでネックでした。
そこでレビトラのジェネリック医療品であるバリフであれば、レビトラと同様の効果が期待でき、価格がレビトラの1/10程度で購入できます。

 

バイアグラを筆頭に高額なイメージのED治療薬でしたが、レビトラのジェネリック治療薬であるバリフの登場で、手軽に購入することができるようになりました。

バリフを服用して勃起に至る仕組み

バリフは勃起不全を補助するED治療薬です。

 

服用すると陰茎の海綿体の緊張を緩めて血流を良くする作用があり、充分な勃起へとつながります。服用後にはしばらくすると、性的刺激を感じることでバリフの効果が現れます。

 

バリフを飲んだら何もしなくてもすぐに勃起するというわけではありませんが、性的刺激をちょっとでも受けることで、通常時よりも簡単に勃起することが可能になります。

 

※バリフの成分:Vardenafil(バルデナフィル) 20mg

バリフの効果

バリフの効果

バリフの効果として、服用から勃起の効果が出るまでの時間が短いという利点があります。また、長期間の服用でもいつでも安定した効果が得られます。

 

バリフは服用してから、個人差はありますがおおよそ30分くらいで効果を感じることが出来ます。

 

持続時間は5時間ほど勃起機能の改善が実感できます。バリフの特徴的な効果としては、ちょっとした性的刺激でも優れた勃起反応につながるというのがメリットと言えます。

バリフの飲み方

バリフの飲み方は、成人で1日1回10mg(1/2錠)を行為の約30〜60分前に経口服用します。
これは約1時間ほどでバリフの血中濃度が高まるためです。

 

10mgで十分な勃起効果が感じられない場合には、もう半分の10mg(1/2錠)を服用します。
1日の服用は1回として服用感覚は24時間空けてください。

 

体格によるバリフの飲み方の違い

身長180cm以上ある大柄な体格の男性の場合には、始めから1錠飲んだ方が効果を感じやすくなるでしょう。
一方、身長160p〜170p程度の小柄な男性の場合には、初めは1/2錠から飲んだ方が良いでしょう。

 

バリフを通販で購入するには?

バリフの通販

バリフは海外のジェネリック医療品のため日本国内で購入するには、個人輸入代行のネットショップで購入することが可能です。

 

バリフはレビトラの偽物ではなく正規のジェネリック医療品です。製造元としっかりと提携している個人輸入代行のネットショップで購入するのであれば通販でも安心して購入することができます。

 

当サイトではバリフの個人輸入代行ネットショップとして、安くて安心できるアイエスティさんをおすすめしています。
メーカー正規保証・全国送料無料・安心梱包されており、通販での購入でも安心して商品を受け取ることが出来ます。

 

 

↓バリフの正規品を購入するならコチラ↓